Home Hot keywords

Search Modes

検索結果

Piperine
フィードバックをお送りいただけるものを選択してください
または、全般的なフィードバックをお送りいただくこともできます
ピペリン
化合物

内容

ピペリン (英: piperine) は、アルカロイドに分類される有機化合物のひとつで、シス-トランス異性体のカビシン(Z,Z体。 シャビシンとも)とともに、ブラックペッパーの辛みのもととなっている成分である。 この化合物は、伝統医学や殺虫剤の用途にも用いられてきた。
https://www.weblio.jp › content
化学式: C17H19NO3
密度: 1.19 g/cm³
融点: 130 °C, 403 K, 266 °F
沸点: 分解
日化辞番号: J4.701E
CAS登録番号: 94-62-2
Piperine is the alkaloid responsible for the pungency of black pepper and long pepper, along with chavicine (an isomer of piperine). It has also been used in ...
ピペリン (英: piperine) は、アルカロイドに分類される有機化合物のひとつで、 ...
ja.m.wikipedia.org からのPiperine
Piperine. 純度(試験方法): >97.0%(HPLC)(N). 別名: ピペリン; 1-[5-(1,3-Benzodioxol-5-yl)-2,4-pentadienoyl]piperidine; 1- ...
www.tcichemicals.com からのPiperine
G Derosa 著2016被引用数: 39 — Piperine is an alkaloid present in black pepper (Piper nigrum), one of the most widely used spices, in long pepper (Piper longum), and other Piper species ...
Piperine is a N-acylpiperidine that is piperidine substituted by a (1E,3E)-1-(1,3-benzodioxol-5-yl)-5-oxopenta-1,3-dien-5-yl group at the nitrogen atom.
piperine(ピペリン)とは。意味や解説、類語。コショウの実に含まれる辛み成分の一。ピリジンまたはピペリジンを誘導体とするアルカロイドに分類される。
piperine 【名】《化学》ピペリン【発音】pípəràin【カナ】ピパライン - アルクがお届けするオンライン英和・和英辞書検索サービス。
ピペリン Piperine. 生化学用: for Biochemistry. 規格含量 : 95.0+% (HPLC). 製造元 : 富士フイルム和光純薬(株). 保存条件 : 冷蔵 (室温輸送).
Piperine is a solid substance that is essentially insoluble in water. It is initially tasteless, but leaves a burning aftertaste. Piperine belongs to the ...

google search trends